読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FIELD NOTES: 書を持って街へ出よう

合同会社フィールドワークス プログラマ兼代表のブログ

書類送付状生成デモの改造

先日作成した書類送付状生成デモを少し改造してみました。

改造点は以下のとおりです。

  • すべてをcontrollerで実装していたのを改め,controllerとviewに分離した。
  • viewを切り替えて,PDFとHTML両方の出力形式に対応できるようにした。

Controller部

フォームに出力形式(PDFとHTML)を選択するラジオボタンを追加しました。 どちらを選択したかにより,リダイレクト先のURLを変えています。

web2pyでは,拡張子付きのURLが呼ばれると,最初に拡張子を抜いた名前のcontroller関数が呼ばれます。 次に拡張子付きの名前のviewファイルが探され,あればそのviewを用いてレンダリングが実行されます。

# coding: utf8

from gluon.contrib import simplejson
try:
    from cStringIO import StringIO
except:
    from StringIO import StringIO
import tools

def index():
    def docinput(num):
       return TR(TD(INPUT(_name='_no'+str(num), _size=5)),
                 TD(INPUT(_name='_document'+str(num), _size=60)),
                 TD(INPUT(_name='_count'+str(num), _size=5)))
    form = FORM(
        UL(LI(LABEL(u'日付'), INPUT(_name="date", _value="")),
           FIELDSET(LEGEND(u'宛先'),
               LI(LABEL(u'郵便番号'), INPUT(_name='to_post', _size=8)),
               LI(LABEL(u'住所1'), INPUT(_name='to_address1', _size=30)),
               LI(LABEL(u'住所2'), INPUT(_name='to_address2', _size=30)),
               LI(LABEL(u'会社名'), INPUT(_name='to_company', _size=30)),
               LI(LABEL(u'氏名'), INPUT(_name='to_name', _size=30))),
           FIELDSET(LEGEND(u'差出人'),
               LI(LABEL(u'郵便番号'), INPUT(_name='from_post', _size=8)),
               LI(LABEL(u'住所1'), INPUT(_name='from_address1', _size=30)),
               LI(LABEL(u'住所2'), INPUT(_name='from_address2', _size=30)),
               LI(LABEL(u'会社名'), INPUT(_name='from_company', _size=30)),
               LI(LABEL(u'氏名'), INPUT(_name='from_name', _size=30)),
               LI(LABEL(u'連絡先1'), INPUT(_name='from_contact1', _size=30)),
               LI(LABEL(u'連絡先2'), INPUT(_name='from_contact2', _size=30))),
           FIELDSET(LEGEND(u'送付物'),
               TABLE(
                   TR(TH(u'No.'), TH(u'書類名'), TH(u'部数')),
                   docinput(0), docinput(1), docinput(2), docinput(3),
                   docinput(4), docinput(5), docinput(6), docinput(7),
                   docinput(8), docinput(9), docinput(10))),
           LI(LABEL(u'出力媒体'),
             INPUT(_type="radio", _name="_media", _value="pdf", _checked="checked"), u"PDF ",
             INPUT(_type="radio", _name="_media", _value="html"), u"HTML "),
           LI(INPUT(_type='submit', _value='帳票出力'),
              INPUT(_type='reset', _value='リセット'), _align='right'), _id="simple"))
    if form.accepts(request.vars):
        response.flash = u'入力を受け付けました'
        context = form.vars
        context['no'] = [form.vars['_no'+str(i)] for i in range(11)]
        context['document'] = [form.vars['_document'+str(i)] for i in range(11)]
        context['count'] = [form.vars['_count'+str(i)] for i in range(11)]
        if form.vars['_media'] == "pdf":
            redirect(URL('render.pdf', vars=context))
        else:
            redirect(URL('render.html', vars=context))
    elif form.errors:
        response.flash = u'入力に誤りがあります'
    else:
        response.flash = u'フォームに入力してください'
    return dict(form=form)

def render():
    return dict(request.vars)

View部

PDF用のviewファイルを views/cover/render.pdf に, HTML用のviewファイルを views/cover/render.htmlに置きます。

PDF用のviewでは,URLパラメータの内容を元にPDFレンダリング用のパラメータを作成し, Field Reports を呼び出しています。

URLの拡張子が'pdf'の場合は,Content-Typeの指定は特に必要ないようです。

Content-Dispositionでファイル名を指定すると,PDFファイルをダウンロードさせることができます。 ファイル名を指定しないと,ブラウザのウインドウにPDFを表示します。

 {{
 from field import reports
 import os
 import gluon.fileutils
 settings = {
      'template-root': os.path.join(gluon.fileutils.abspath('applications',
           request.application), 'resources'),
 }
 params = {
      'settings': settings,
      'template': 'templates/sofu.pdf',
      'context': response._vars,
 }
 reports.set_defaults({})
 reports.set_log_level(3)
 #response.headers['Content-Type'] = 'application/pdf'
 #response.headers['Content-Disposition'] = 'attachment; filename="cover.pdf"'
 =XML(reports.renders(params))
 }

HTML用のviewは手抜きですが,単にURLパラメータの内容をダンプします。

{{extend 'layout.html'}}
<h2>書類送付状</h2>
{{=BEAUTIFY(response._vars)}}

まとめ

書類送付状生成デモを改造して,出力形式をPDFとHTMLで選択できるようにしました。 出力形式の切り替えは,二つのviewをURLにより区別することで実現しています。

今回は,PDF出力を行うページにHTML出力を追加しましたが, 逆に既存のHTML出力を行うページにPDF出力を追加することも可能です。 PDF帳票開発ツール Field Reports の入力パラメータは, LL言語用のWebフレームワークで標準的に用いられる辞書形式を基本としているので, 既存のWebサイトに最小の労力でPDF出力機能を追加することができます。

広告を非表示にする