読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FIELD NOTES: 書を持って街へ出よう

合同会社フィールドワークス プログラマ兼代表のブログ

iCalとiPhoneをTODO込みで同期をとる方法

HOWTO

iCalとiPhoneを連携させるには Google カレンダーを媒介として同期を取る方法が定番ですが,残念なことに TODO(リマインダー)の同期が取れません。
GoTasksなど,iPhoneからGoogle の「ToDo リスト」を参照できるようにするAppは存在するようなのですが,iCalとGoogleを連携させる方法がどうしても見つかりませんでした。

そこで発想を変えて Yahoo! Calendar を媒介とする方法を実験してみたところ,うまくいきましたので報告します。

Yahoo!(US)のアカウントを取得する

まず,Yahoo!本家のアカウントを取得します。

Calendarアプリを選択して,試しにいくつかスケジュールとTODOを入力してみました。
f:id:fet:20110902174232p:image:w640

iCalにYahoo!アカウントの情報を登録する

次に,iCalにYahoo!アカウントの情報を登録します。

「環境設定/アカウント」ダイアログを開いて,アカウントを追加します。
f:id:fet:20110902174442p:image:w480


どうやら,CalDAVを使って同期をとっているようです。
f:id:fet:20110902174443p:image:w480


これで,iCal と Yahoo! Calendar の同期が取れるようになりました。
f:id:fet:20110902174444p:image:w640

iPhoneにYahoo!アカウントの情報を登録する

つぎは,iPhone に Yahoo! アカウントの情報を登録します。

「設定」 → 「メール/連絡先/カレンダー」 と進んで「アカウントを追加…」を選択し,「Yahoo!」のロゴを選びます。
f:id:fet:20110902180903p:image:w320


次の画面では,「カレンダー」の同期を「オン」にします。
f:id:fet:20110902175937p:image:w320


これで,iPhone と Yahoo! Calendar の同期が取れるようになりました。
「カレンダー」アプリを起動すると,スケジュールが確認できます。
f:id:fet:20110902175938p:image:w320


ただし,iOSの標準アプリだけでは TODO を参照することができません。
ここまでうまく行ったのに残念!

BusyToDoをインストールして,Yahoo!アカウントの情報を登録する

そこで,Yahoo! Calendar のクライアントとなるアプリがないか色々探したのですが見つかりません。
最後に,iCalがCalDAVを使っているのを思い出して,CalDAVに対応しているタスク管理アプリを試してみたところ,BusyToDo(850円)で成功しました!!

BusyToDoは,本来MobileMeを想定してCalDAVに対応しているようですが,「ユーザ名」にyahooのメールアドレスを入力したところあっさり接続できました。
f:id:fet:20110902175939p:image:w320


機能は,非常にシンプルです。
f:id:fet:20110902175940p:image:w320


他には,2Do(600円)がMobileMe(CalDAV)に対応しているようだったので試してみましたが,こちらはうまく接続できませんでした。

まとめ

Yahoo! Calendar を媒介とすることで,iCalとiPhoneのスケジュールとタスクを同期させることに成功しました。主に使用するiCalでスケジュールとタスクの管理が一元化できるようになったので,とてもすっきりしました。

ただ,iCloud のサービスが開始されれば,このようなテクニックは不要になるんでしょうね。

広告を非表示にする